みぃ はぃ ゆ~

yurarano.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ごはん( 36 )


2012年 08月 15日

8月15日に感動したこと

今日感動したこと。
友人宅で一番出汁を引いていたら、
夕食を終えて遊んでいた3歳と5歳の子供たちがキッチンにすっとんできて、
弟「これ何のかおり~?」
鰹節の袋を目ざとく見つけた兄「これ?」と。

実はわたくし、いつもより高級な昆布だとこういう香りかぁ、などと思ってはいたものの
正直、全く予想していなかった子供たちの反応と事の展開に、一瞬???何事?!

子供たちの母である友人の「おいしそうな香りだねー」の反応に我に返り
「一番出汁の匂いだよー」と子供たちに答えながら、唖然。

・・・えぇぇ?この、取りかけの出汁の香りに反応して
子供らはウルトラマンごっこを中断してキッチンまでやってきたってこと?!
まだ料理にもなっていない、この鰹節と昆布の香りで?!

へーーぇ!
ちょっとして、事態を飲み込んだ私は
胸の奥が感動でチリチリするのを覚えました。

焼肉の匂いでも、カラメルソースの香りでもない、
取りかけの一番出汁の匂いに・・・!
驚きでした。

子供たちは、それが一番出汁の香りだと知ると納得したのか、
いいかおり~、と言いながらも
別に味見をさせろとか、作ったものを食べたいとかいうこともなく
あっさり退散していったのですが
様子を見ていた友人は
「この袋、買い取るから置いて行って。3歳児があんないい反応するなら、
お出汁ちゃんととるわー」と。

「旦那にもね!胃袋つかんで、ちゃんと帰ってくるように!(笑)」
といいながら、この先の家族の幸せな食卓の光景が見えるようで
静かな感動が、ジーンと胸の奥で広がっていきました。

「お出汁に反応するなんて、日本人だね。DNAだよね。」と私。
「あの子、離乳食がかつおだしのお雑炊だったのよ。だからかなぁ。
米で育った子なのよねー。」と
あぁ、一生残るんだよね、離乳食の味。

ちなみに私はジャガイモのスープ(塩味)だったらしい。
好きで作っていると母に「離乳食の時からあなたは好きだった」と言われます。
ハイ、今でも好きです。

それから彼女と二番出汁まで一緒にとって、
一番出汁で茄子の油炊きを作って、晩御飯にしました。

この日のメニューは、
・茄子の油炊き、おろしショウガ添え(一番出汁で作ったお汁が美味!)
・豚肉の大葉炒め(いとこの奥さんに20年前に教わった!)
・苦瓜ときゅうりのカッテージチーズとツナ和え
・玄米と糠漬け(ゆらら持参)

あともう一品あったような気が・・・忘れました。

残った一番出汁と二番出汁、何に使ったのかなー。
子供たちは、喜んで食したのかしら。
今度聞いてみます。

15日、とっても仕事がハードで疲れていたのですが
おかげさまで良い一日なりました。子供たちに感謝!
そして今の平和な日本に感謝!!
[PR]

by yuraranote | 2012-08-15 22:25 | ごはん
2011年 08月 16日

今日のお弁当

c0224730_833888.jpg



八月も後半に突入
まだまだ暑いけれど、、、

こんな夏野菜たっぷりのお弁当も
そろそろかえていかなきゃね
季節が確実に移っていることは、
糠床さんが教えてくれる

今日のお弁当。

あれ、おくらがそっぽ向いてしまった
盛り付けもまだまだ

◦かぼちゃの含め煮
◦一口がんもの炊いたん
◦オクラの胡麻和え
◦じゃことう
◦ラタティユ

◦糠漬け… きゅうり、人参、セロリ、キャベツ、茄子

◦玄米、梅干し、
 シソの実の味噌漬け、ミョウガの味噌漬け (味噌漬けは松本産)

◦モズクとお麩の味噌汁
[PR]

by yuraranote | 2011-08-16 08:33 | ごはん
2011年 07月 18日

送られてきた玄米

c0224730_2256077.jpg




玄米(コシヒカリ、長野産) 800
水 900
塩(シママース)5粒

浸水時間 65分

このお米は・・・
[PR]

by yuraranote | 2011-07-18 22:56 | ごはん
2011年 05月 22日

白味噌ディップ

c0224730_7411523.jpg


圧力鍋についてきた料理本に載っていて
ずっと気になっていた「我が家の白味噌」

ふうむ、なるほど~。
お味噌というよりディップかなぁ、印象としては。
野菜につけていただくと、美味!
ホームパーティのお供にも良さそう。

熟成されていく過程が楽しみです。
[PR]

by yuraranote | 2011-05-22 07:41 | ごはん
2011年 01月 23日

良い香り!

c0224730_03314.jpg




まさにシトラールの香り!
そして切り口の美しい文様と色にびっくり。

これな~んだ?!
[PR]

by yuraranote | 2011-01-23 00:03 | ごはん
2010年 12月 23日

大根の炊いたん と おばあちゃんの糠漬け

朝から大根の皮をむいてひと口大に切って
コトコト炊いた大根

味を染ませる時間が足りなくて
味がちょっと薄いかなぁと思いながら
バタバタとお弁当箱に詰めて、少し煮汁も入れて

昼には味がまだ薄すぎだった大根
夜、叔母のもとへ届けるころにはどうだろう

夕方、仕事が立て込み少し出遅れ
叔母のもとに着いたころには病院の夕飯の時間は終わっていたけれど
叔母は大根にお箸を伸ばしてくれて

「ん~、柔らかいねぇ。おいし~ぃ。おだしは?」
「これ、ぜんぶ大根?甘くて蕪みたい」
「良い大根、手に入れたのね」

私が炊く大根は白く透明感があるせいか、
冬瓜や蕪に見間違えられることがある
 
叔母は最後にお出汁まで飲みほしてくれて
「うん、昆布の味がする」
と笑った

「久しぶりに、病院の外の味~!ありがとう」

昼に半分よけておいた私のお弁当の玄米と糠漬けも
「(私の夕飯)減らしてごめんね」なんて言いながら
口に運んで

「Aおばあちゃんが、糠漬けやっていたっけ、上手でさぁ」と。
Aばぁちゃんは、わたしの父の母であり、叔母の旦那の母でもある。
叔母にとっては同居していた姑だ。

「糠床をかわいがっていてねぇ」
それはそれは大事にしていて、しばらく家を空けるときは
ちゃんと大量の塩で蓋をしていたそうだ
夜、トイレに起きた時にも気にかけて
通りすがりに話しかけていたらしい(笑)

知らなかった。
私の記憶にはなかったAばぁちゃんの姿。
糠床を「かわいがる」という言葉に、祖母も叔母も
ちゃんと糠床を生き物として扱っていることがわかって
繋がった!という思い。

私の糠漬けからばぁちゃんの糠漬けを思い出してくれたのも
うれしかった。

お米の話、大根の話、お出汁の話、糠漬けの話
手がある幸せ、足がある幸せ、目が見える、耳が聞こえる、口から食べられる幸せ
そんな話をして病室をあとにした。

回復してきてくれるひとを見舞えることのしあわせに
感謝しながら。
[PR]

by yuraranote | 2010-12-23 11:26 | ごはん
2010年 11月 28日

今日の夕飯:鰤と根菜の揚げびたし

c0224730_21253983.jpg


ううむ、こうやってみると
わかっていたとはいえ、あまりに「まだまだ」だなぁ。
写真を削除したくなる。

天然の鰤が手に入ったので
鰤と根菜の揚げびたしを作ってみた。
揚げ物久々。鰤は揚げただけでもおいしかった。

これからのイベント季節むきのメニューなので、
その練習を兼ねての試作なのですが
反省点や疑問点もちらほら。
このメニュー、まだ人様にお出しできるレベルじゃないなぁ。


鰤と根菜の揚げびたし
春菊の落花生和え
生ひじきをつかった煮物
むかごの素揚げ
里芋の炊いたん
大根とにんじんの糠漬け

ほかに玄米ごはん、味噌汁(あげ、玉ねぎ、菜っ葉、舞茸)
[PR]

by yuraranote | 2010-11-28 21:25 | ごはん
2010年 10月 18日

松茸煮麺

c0224730_2344053.jpg


味見した瞬間、くらっ…と めまいを覚えた。
おいしいと、めまいがするんだねぇ。

唸ったね、あまりに美味しくて。
やいまのもずくと、近所のお豆腐屋のおじさんが揚げた薄揚げ、
そしてやはり近所で入手した岩手産の松茸、大門素麺。

松茸はほんの少し。それでも圧倒的な存在感。
松茸を加えることで、すっと陰陽が逆転するというその味の差が
自分の舌でわかるだろうか?と半信半疑だったけれど
ほんの一口の味見でもその違いは歴然としていた。

いや~、おいしかったーーーー!

ものすごい贅沢をした気分。

生の松茸って、ちょっと柑橘系の香りがする。
1年前、初めて京都で嗅いだ時も思った。
今年改めてやはりそうよね、と。

来年また、この味に出合えると良いなぁ。
衣替えが頻繁にあってたいへんだけど
季節のある国に生まれた贅沢でした。
[PR]

by yuraranote | 2010-10-18 23:04 | ごはん
2010年 10月 09日

持ち寄り会

c0224730_2248556.jpg


美味しくて、楽しかった。
いつもありがとう。

久しぶりにプレスサラダも作りました。
やっぱり、ひとりじゃなく誰かと食べるご飯は美味しいです。

More
[PR]

by yuraranote | 2010-10-09 22:48 | ごはん
2010年 08月 23日

おべんとう

c0224730_6504351.jpg


初モノの松茸ご飯
厚揚げの照り焼き
じゃことう
名残の茄子あぶらだき

他に、糠漬け(きゅうり、パプリカ赤・黄、おくら、ズッキーニ)


材料選び、組み合わせ、調理方法、盛り付け、
反省点多々、ダメ出ししどころ満載!のお弁当ですが、
たまには…ということで載せてみました。

夏と秋、同居のお弁当です。

夏の間、糠漬けが主菜になっていてあまり煮炊きをしなかったせいか
すっかり炎のコントロールが下手になってしまいました(泣)

処暑。
仕切りなおして精進します!
[PR]

by yuraranote | 2010-08-23 06:50 | ごはん