みぃ はぃ ゆ~

yurarano.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:季節のひとコマ( 64 )


2014年 12月 31日

お見送り

わたしの2014年は、ハードだった、の一言に尽きる。

珍しく公私ともに目標をはっきり立て、そこに向かって目一杯努力した一年だった。結果は公私ともに報われることなく、特に夏以降は仕事の過労からいくつも初モノの病気をした。
120%の努力をしてみて、諦めがついた。自分の身体と運と人生に。

だが、諦めがつこうが今年を見送ろうが、身体も仕事もハードな日々は来年も続く模様。


今年は、三人の身内を見送った。

3月に父方祖母の妹、大叔母。
昨年の暮れに藤代誠治さんの大きなカレンダーを送り、そのお礼のハガキが最期となった。三月の誕生日にバースデーカードを、何故だかどうしても送れなかった。後からわかったのは、ちょうどその直後に体調を崩されたようだった。
大叔母が今送ってくれるなと、私に念を送っていたのだろう。
誕生日から四日後、大叔母は94歳と4日の人生に幕を下ろした。

自室に飾った同じカレンダーを見るたび、めくるたび、大叔母の事を思った。大叔母が過ごせなかったカレンダーの日々を思った。カレンダーの絵の一枚一枚の絵について、もう大叔母の素晴らしい観察眼による感想や解説を聞けないのがとてもつまらなかった。

でも、大叔母は、不自由になった身体からようやく解放され、せいせいとしているに違いない。昨年先に逝った娘婿や二十年以上前に逝った夫と、楽しく語らっていることだろう。

8月に母の弟、叔父。
おじいちゃん、起きてこないね。おじいちゃーん!疲れてるんじゃ?もう少し寝かしておいてあげよう。…それにしても起きてこないね。もう出かける時間だよ。
そして孫娘が起こしに行ったらすでに硬くなっていたそうだ。

叔父はひとり娘である私の従姉妹をそれはそれは可愛がっていて、私たちは子供の頃から従姉妹が羨ましかったものだ。泣き崩れる喪主である従姉妹を、叔父の孫である娘や息子が支え続けていて、叔父とすでに他界した叔母の愛情の連なりを感じた。

仕事はプロのドラマー。大型バイクに乗り、将棋と卓球が上手でサングラスが似合う孫娘自慢の、ダンディな叔父だった。
享年79歳。

葬儀で、何十年ぶりかで従兄弟や他の叔父、叔母にも会った。
ちょうど故人の弟である別の叔父の誕生日で、告別式の後の食事の場で皆でハピバスデーをハモったのはステキだった。

病院で管に繋がれて延命措置を取られるのがイヤだったら、救急車に乗ってはいけない、というのが叔父からの最後の教えだった。


最後のひとりは、従兄弟の奥さんで若い頃から私が慕っていたお姉さん。

クリスマスイブの朝。お母さん、起きてこないね。大学生の下の娘が起こしに行って、こと切れているのを発見。救急車を呼び、すでに出勤していたお父さんに電話したという。

これまで大きな病気をしたこともなく、前日まで何の前兆もなかったのに、いきなりクモ膜下で亡くなってしまった。それだけに周囲の誰もが信じられず、ショックも大きかった。専業主婦の葬儀にしては異例の500人近くの人が通夜に詰めかけた。彼女の人柄ゆえだろう。
亡骸の彼女は微笑んでいた。苦しむことなく逝ったのだろう。

わたしも大好きなお姉さんだった。大事に育てた娘たちが実に立派に成長していて、彼女の遺品だなぁと思ったけれど、夫、実の母と義理の母ふたりを置いての旅立ちは、あまりに急すぎ、そして若すぎた。53歳。あと一日で誕生日を迎えるはずだった。
これからまさに第二の人生を楽しめる時だったのに。

私はせめて従兄弟や母たち、娘たちを見守りたいと思う。


そして今、2014年を見送ろうとしている。
しんどい一年だった。今も身体中のあちこちが痛む。

報われはしなかったけれど、いや、私の欲っした報いは得られなかったけれど、ほんとうによく頑張った一年だった。
特に職場では新しい環境の中で目一杯努力した。自分に何ができて、限界は何かを、知った。

来年はもう少しペースダウンして、体調よく過ごせればと願う。亡くなる時はわたしも寝ているうちに、がいいな。
[PR]

by yuraranote | 2014-12-31 20:27 | 季節のひとコマ
2013年 07月 11日

梅の軌跡

c0224730_1273129.jpg



2013年の南高梅3Kg
塩15%

漬け始め 6/19  干し始め 7/7


購入時、追熟して塩を加えた漬け始め、
梅雨が明けて干し始めた時、途中経過、
四日目の朝、干しあがりまで。



当初香りが薄くあまり期待できなかったうえ
梅雨明けが早くつけている時間も短かったけれど
思ったよりよさそうな仕上がりです。

梅が少々つぶれてしまったので
後半の重しがもう少し軽くてもよかったな。

梅は土用干しというくらいだから
土用の時期まで待つべきか、
梅雨明け十日の時期を逃さず干すべきか、迷いました。
でも先の天気なんて分からないし、この晴天を生かさないのも
持ったいない気がして、せっせと干し始めてしまいました。
母は土用まで待つと言います。
私も後発の梅は土用の時期に干してみます。
[PR]

by yuraranote | 2013-07-11 08:22 | 季節のひとコマ
2013年 03月 04日

今年の雪遊び

今回も、想像通り天候に恵まれました!

空は青く、雪原は白く、
絶好のクロカン日和!
そう、今回の目的はクロスカントリー
一面真っ白な手つかずの雪原をススム!

c0224730_18543331.jpg



大将の手ほどきの下、生まれて初めてクロカンの板を履いた友人、
「あたし、転ぶのは極端に嫌い!」との宣言通り
ほとんど転ぶことなくぐんぐん上達していきます。

ふふ、見込み通り!

c0224730_18543485.jpg


まずは平らな牧場で。
友人の後ろ姿もだいぶ様になってきました。
わたしはすでにかなり汗だくに。

冬、木々がどうやって冬芽を守るか、木々の栄枯盛衰などについて
ガイドしながら大将が貴重な話をしてくれます。

そんなこんなしているうちに、あっという間に2時間経過、ランチタイム。

c0224730_18543723.jpg


これはお昼のデザートに出てきたそば団子。
揚げたてのアツアツ、ホクホク!美味でした~。


午後は森へ。
広々とした牧場と違って木がいっぱい、高低差もあって足場も不安定、
難易度が上がります。

でも美しい木々を見上げ、説明を聞いて良い空気を吸い、美しい山々を見て
森の魅力に引き込まれていきます。

これはダケカンバ。
アイボリーにほんのりサーモンピンクがのった、色っぽい木肌の樹木です。

c0224730_18543942.jpg



こちは200年くらいの楢の木、ナラタロウ。
とっても大きいんです!

どれくらい大きいか、って?

c0224730_18544192.jpg


私が下に立ってみましょう。
ほんとうは私の足元は地上から2メートル上の雪の上だから
もっと大きいんですよね。


c0224730_1854508.jpg


「こんにちは!今年も会えたね!うれしいよ」


午前午後合わせてたっぷり4時間、昼食入れて5時間、
でもあっという間に時間が過ぎ、程よく?疲れてご機嫌で宿へ。

ガイドをしてくださった大将にも、感謝感謝!

c0224730_1854453.jpg


日が落ちていき、静寂とともにしんしんと寒さがやってきます。

美味しい食事のあと、この日わたしたちが早々に爆睡したことは言うまでもありません。



そして翌日!
今日は、ふたりとも生まれて初めてのスノーシューに挑戦です。
それもガイドなし!

c0224730_18545157.jpg


これまた誰も足を踏み入れていないエリアなので
迷子になったら自分たちの足跡をたどれば帰れるよね、と歩き始める。

c0224730_18545886.jpg




と、すぐに動物の足跡が!それもたくさん!


c0224730_1854521.jpg


わーぉ!
爪や、肉球がはっきりわかる!!

c0224730_18545496.jpg


動物の足跡はリフトの上からよく見ているけれど
こんなの初めて!


c0224730_1854551.jpg


なんの動物なんでしょう?!
ネズミ、テン、イタチ、キツネ?
明らかにもっと大型の動物のものも。

同じ動物の足跡でも、歩き方に癖があって個体差もあることを発見!!

c0224730_1854592.jpg


この線は尻尾を引きずっているの?
急いでいたんじゃ?なんのために?
この穴から出てきて、あっちの木の下の穴に入っていったんだね!

想像たくましく妄想しながら、ふたりして大興奮!



動物たちも、今晩わたしたちの足跡を見て(嗅いで)、大騒ぎするかしら?!

c0224730_1855029.jpg



ツーショット!

c0224730_1855243.jpg




見上げた空!

c0224730_1855485.jpg


どんな格好で見上げたかって?!
それはですね・・・

しばらく我慢していたけど、欲求を抑えきれずに
雪上にどーーんと、ひっくり返ってみました!

やらなきゃもったいなさすぎでしょう!!この手つかずの一面の白銀で!


c0224730_1855798.jpg



魚拓ならに人拓が!!帽子やグローブ、ストックまでも!きれいに映りました。

いやー、この土地のエネルギーが感じられて
とてもとても気持ち良かったですよ!1

これを見た友人、「わたしもやる!」と(笑)

そのあと雪上に自分の名前やら何やら、ストックで書き記していましたっけ。
砂場や、グラウンドでやっていたよね、大昔。
楽しくて楽しくて、二人とも、完全にコドモモード(笑)


c0224730_1855952.jpg


自然の中でいっぱい体を動かし、いっぱい笑って、いっぱいしゃべって
美味しいものをいただき、ぐっすり眠った贅沢な時間でした。
楽しい時間を共有し共感してくれる人がいる幸せ!!

ありがとう!また来るからね!

雪は、地上2mの世界を歩かせて、触れさせてくれました。
今度来たときには、地上は緑のはず。
間近に見えた電線も足元の木の枝も、今より2メートル上からわたしを見下ろすんだなぁ。
[PR]

by yuraranote | 2013-03-04 17:56 | 季節のひとコマ
2013年 01月 26日

土曜日午後四時の銀座

冴え冴えと冷たく澄んだ真冬の空気もすがすがしく
日が暮れつつある空を覆う逆光と青。

ホコ天の4丁目から7丁目方面を臨む。

c0224730_14184222.jpg




鐘の音に振り返れば、和光の鐘が4時を告げていた。

c0224730_14222580.jpg

[PR]

by yuraranote | 2013-01-26 19:01 | 季節のひとコマ
2012年 12月 23日

空中散歩

c0224730_17164316.jpg

c0224730_17164473.jpg

c0224730_17164632.jpg

c0224730_17164860.jpg

c0224730_17164955.jpg

c0224730_17165196.jpg

c0224730_17165379.jpg


木々の枝が白いのは、雪が着いているのではなく
空中の水分が凍って霧氷となって枝についているため。
[PR]

by yuraranote | 2012-12-23 17:11 | 季節のひとコマ
2012年 12月 23日

外遊びが好き。

やった!晴れたよ!

c0224730_1595068.jpg

広葉樹の枝は真っ白!

c0224730_1595261.jpg

針葉樹は先の方だけまだ凍っています!

c0224730_1595482.jpg


自然の中で遊んでいる時のゆららは
元気いっぱいです!!

ウェアのポケットには、いつでも玄米おにぎり。
今年も雪山に来れた事に感謝!
[PR]

by yuraranote | 2012-12-23 15:13 | 季節のひとコマ
2012年 08月 24日

ゆく夏を惜しむ

c0224730_21364427.jpg

[PR]

by yuraranote | 2012-08-24 21:36 | 季節のひとコマ
2012年 08月 07日

「出来過ぎ」

c0224730_1384789.jpg


この数時間前、この一帯は大雨洪水注意報が出ていました。
わたしは自宅から駅に向かう道で、ずぶ濡れになりました。

それでも諦めてしまうのは惜しくて、美術館のあと
とにかく行ってみよう、と海までやって来ました
友人に、私の好きな景色を味わってほしかったのです
降らなければOK、座れればラッキー、くらいの期待度だったのに、
雨は去り、暑い雲の隙間から光がこぼれ、
厚い雲は少しずつ流れて、
日没ごろにはこんな大パノラマを拝める状態に!

砂浜までオレンジに染まり
潮騒の音は耳に心地よく
海の家と江ノ島の灯台には灯がともり
犬と人と船と立ち漕ぎサーファーが海にいて
刻一刻と変化する空と海を
たっぷり楽しませてもらいました。

諦めなくて良かったね!

完璧過ぎて怖いくらいの、出来過ぎた光景でした。
[PR]

by yuraranote | 2012-08-07 08:28 | 季節のひとコマ
2012年 08月 07日

空!

c0224730_1393710.jpg




ダイナミックな空でした。
富士山も!


そしてこれが、この夏の最後の空でした。

なぜって翌日はもう「立秋」でしたから。
そして実際、残暑はまだまだ厳しいとはいえ
朝晩は涼しくなりはじめましたから。
[PR]

by yuraranote | 2012-08-07 01:39 | 季節のひとコマ
2012年 08月 06日

ご褒美Time

c0224730_192120.jpg




今この時間は、日ごろ頑張っているわたしたちへの
神様からのご褒美だね、と

ともだちと話しました。


そして、ビールや玄米おにぎりを片手に
こういう時間を最高の贅沢っていうんだよね、と。

こんな時間を共有してくれて共感してくれる友人がいることにも
あらためて感謝!なのです。


命の源泉ですね。
[PR]

by yuraranote | 2012-08-06 19:02 | 季節のひとコマ