みぃ はぃ ゆ~

yurarano.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ひとり投稿 ( 30 ) タグの人気記事


2013年 05月 16日

キーストリオと玄米を炊く

昨晩初めて、キース・ジャレット トリオ を生で聴きました。
場所はクラシックの殿堂、オーチャードホール。
客層の年齢は予想通りやや高めでしたが、予想よりずっと男性比率が高かったです。

ずっとCD音源で聞いてきた音をライブで聴くと、たくさんの発見があるものですね。
既存のJAZZの印象を大きく覆される体験でした。

実に実に繊細な音。オーチャードホールでやる理由(わけ)がわかりました。
JAZZ LIVEであんなに耳を澄ませて聴いたこと、ないです。
クラシックでもないかもしれません。
丸い丸いまるで淡く輝く真珠のような珠玉の音が紡がれ、会場を跳ねては観客席に飛び込んできて
観客の耳の中に吸い込まれていくのが見えるようでした。

集中して聴いているんだけど、その一方で脳内はどこかへ心地よく連れ去られていきます。
なぜ今そんなことが思い浮かぶのか、さっぱり自分でもわからないようなことが浮かんでは消え、
浮かんでは消えしながら思考が旅を始めます。

そしてキースが曲の最後の一音を印象的に弾き終えた途端、いきなり連れ戻されて軽い不快感ととも
「え!良いところだったのに、終わらないでよー!」と思う、
そんなことの繰り返し、不思議な貴重な体験でした。

キースはもちろん、ゲイリーのコントラバスの指捌き、
ジャックのシンバルの余韻、響きで聴かせるドラムスも
それはもう・・・、わたしには驚きの未知なる世界でした。

若いころの華やかさや派手なパフォーマンスはないけれど、
むしろ68歳の今だから出せる繊細で無駄のない「静寂」を感じさせる音から、
一音一音をどれだけ大切に弾き伝えているのかが伝わってきます。

そぎ落とされたまったく無駄のない選び抜かれた音、それを受け止める観客側のある種の緊張感、
会場が一体となった空気は、強い大きな音で観客を魅了するのではなく
むしろ細やかでミニマムの、でも上質な音で観客を動員していくことで作られているのでした。

最後の最後、4回目のアンコール曲、これで私の脳が溶けました(笑)

Anser me, My love
(アレンジは少し違いました。特に後半が。もちろんライブで聴いた昨日の演奏の方が好きです。)

このメロディがずーっと帰り道も帰ってからも耳の中で鳴っていました。

体中を耳にして聞いた音を大事に持ち帰りたくて、遠回りをして満員電車を避け、
帰宅してからも無粋な音に壊されたくなくてテレビもオーディオも付けないで
余韻を大切に味わっていました。

そして、今玄米を炊いたら、きっと繊細で美しい優しい炊き上がりになりそうな予感がいっぱいで
そんなキーストリオの音が自分の身体を媒介して映された玄米を見てみたくて
真夜中に炊くことになるのに浸水を始めてしまいました。

c0224730_21503061.jpg


そうやって炊いた玄米です。もちろんVISIONで。
炊き上がり後すぐで、米粒の周りの水分が落ち着いていませんが、
翌日食したら、ふわふわで、もう甘くて甘くて、やたらあとを引く、
まるでいつまでも聞いていたいキーストリオの音のようなご飯でした。

ただし、おにぎりには・・・いま一つ向かないというか、少し陰性すぎる炊き上がりに思えます。


ありがとう、キース・ジャレット トリオ、
三人がお元気なうちに聴くことができたことを感謝します。
そして三人が今後、どんな珠玉な音を紡ぎだしていくのか、楽しみです。
また日本に来てくれますように。


トリオ結成30周年特別記念公演
2013年5月15日のセットリスト
Bunkamura オーチャードホール
1st
1. On Green Dolphin Street
2. Lament
3. Sandu
4. Too Young To Go Steady
5. Meaning Of The Blues
2nd
1. The Masquerade Is Over
2. I Thought About You
3. God Bless The Child
Encore
1. When I Fall In Love
2. Straight, No Chaser
3. Things Ain't What They Used To Be
4. Answer Me, My Love


毎日、全然違う演奏曲目なのですね。
レパートリーの広さにびっくり、まさにJAZZですねぇ。
あれもこれも生で聞いてみたい曲がたくさんです。
[PR]

by yuraranote | 2013-05-16 20:42 | 音の楽しみ
2013年 04月 24日

ビジョン☆ミラクル

c0224730_2382010.jpg



VISION鍋、3回目にして圧も保ち、余り過ぎず、ほぼドンピシャの炊き上がり。

鍋底部分はカラリと香ばしく、内側は甘くてクリーミー!
これはミラクルだぁ!!
これまで食べたことのない味の玄米。未知の世界に感動です。
でんぷん質の味の違い、とでもいうのか。
鍋の違いは大きいなぁ。

この玄米、みんなにも味見してもらいたいくらい。できれば炊き立てを。
おにぎりにした時、どんな味になるのか、
それは明日のお楽しみ。

いやぁ、玄米炊飯は楽し、嬉し、美味し。
ありがたきかな。


興奮していて?写真が下手でごめんなさい。練習しておきます。
[PR]

by yuraranote | 2013-04-24 23:08 | 玄米
2012年 07月 12日

今日の私を支えるご飯

c0224730_76952.jpg


今朝炊いた玄米です。
2.5リットルのe plusにて。


最近また、

玄米、美味しい…(うっとり・しみじみ)

ありがとう、こんな画期的な炊き方を研究し、教えていただいて、と
改めて思う日々です。

やはりすごいです、むそう塾の炊き方は。
[PR]

by yuraranote | 2012-07-12 07:06 | 玄米
2012年 05月 04日

9分づき米と陰陽

昨年12月に「今年の新米」としていただいた、
長野のスキー仲間が丹精込めたさいごの9分づき米を炊きました。

c0224730_2131824.jpg



南の島にいる間、そして帰ってきてからも
わたしはパンを欲しなくなっています。
これはけっこうな驚きです。
職場から帰ると、まずパンでクールダウンしたくなるのが常でした。

今はGW中で会社が休みなためもあると思いますが、
もともと子どものころからパン好きで、
近所に美味しいパン屋さんがあることも選択理由の一つとして
この町に住み始めたくらいですから、
休み中、いつ買いに行って口にしても不思議はないのです。

そんな愛するパンなのですが
数年前からパンを主食にしないようにしているのは、
私の場合身体にいろいろと支障が出てしまい
医者から玄米食を強くすすめられているからです。
パンは「たまのお楽しみ」にできたら、それがいちばんなのです。


シマにいる間、玄米は炊いて持参したものを
ときどき民宿のレンジを借りておいしくいただいていました。
でも基本的には、小麦粉の麺や宿のご飯(黒米入り白米)を
いただいていました。
南国では食べ物が全体に陰性よりなせいもあると思いますが
その間、パンが欲しいと思ったことはありませんでした。

帰宅後も、玄米も炊きつつ、
たまたま季節がら筍ごはんやグリンピースご飯など
玄米より陰性な分づき米や発芽玄米、胚芽米などを用いて炊いており
手軽な煮麺なども食べていました。

そうすると、パンを欲しないのですねぇ。

これが陰陽か、なるほどなぁ、と改めて興味深く感じました。
普段、玄米ばかり食べているとただでも陽性のわたしは緩めたくて
パンがほしくなるのですね。

ただ、やはり玄米じゃないと私の場合すぐおなかがすいて
だるくなってしまい、血糖調整障害の症状が出てしまいます。
この状態では自宅で過ごす休日はともかく、仕事に支障をきたします。
このへんの兼ね合いが難しいところです。

これから徐々に気温も上がってきます。
夏の暑さはさほど苦にならない体質ですが
玄米はやはり重く感じるようになってきます。

一日に、玄米2回:胚芽米1回くらいの割合にして
ときどき麺類を入れたらバランスが取れるかなぁ。

これから、そのへんのバランスを模索していきます。
[PR]

by yuraranote | 2012-05-04 10:40 | 身体
2011年 07月 30日

今日の玄米

c0224730_101769.jpg




玄米 茨城産コシヒカリ 800
水 105% 840
塩 シママース 5粒


圧の保ちはほぼちょうど。
焦げはかなり薄めでした。

今日はこれを塩結びにして、糠漬けとともに
友人主催のパーティーに持参します。
ふだん玄米を召し上がらない方のお口にも合うと良いのですが・・・


今朝は、浄水器がほしいなぁとまたもや思ったことでした。
[PR]

by yuraranote | 2011-07-30 10:17 | 玄米
2011年 07月 27日

誕生日プレゼント

c0224730_8223696.jpg



今日が誕生日の友人のリクエストに応えて
早朝から小豆と古代米入りの玄米を炊く。

今年の誕生日プレゼントは、これをおにぎりにして。
辛党の友人曰く、これはもはや ドルチェ であるそうな。


・・・とはいえ反省点。
圧が45秒前に落ちてしまった。
もっとふうわり、ふっくら、でも友人の好みも柔らかすぎない炊きあがりを
目指したい。
[PR]

by yuraranote | 2011-07-27 08:22
2011年 07月 25日

初めての同割炊き

土曜日、105%で柔らかく美味しく炊けたので
翌日曜日、初めて同割炊きに挑戦してみようと思い立った。


こしひかり(茨城産) 800
水 800
潮(シママース)5粒

結果は・・・
[PR]

by yuraranote | 2011-07-25 18:26 | 玄米
2011年 07月 18日

送られてきた玄米

c0224730_2256077.jpg




玄米(コシヒカリ、長野産) 800
水 900
塩(シママース)5粒

浸水時間 65分

このお米は・・・
[PR]

by yuraranote | 2011-07-18 22:56 | ごはん
2011年 05月 17日

5月17日の玄米

c0224730_236272.jpg



茨城産コシヒカリ 800
水 110%
シママース 5粒

浸水50分


このところササニシキを炊いていたので
コシヒカリだなぁ、と感じる。

おいしかったけれど
まだまだ、もっともっとふうわりとやさしく。
[PR]

by yuraranote | 2011-05-17 23:06 | 玄米
2011年 02月 05日

ご挨拶用 玄米ご飯

c0224730_8313098.jpg



お墓参りに持参するために3時起きで炊いた、
いえご先祖のみなさんに炊かせていただいた 玄米ご飯。

ジャーで休ませる間も与えていない、炊きたての映像ですが。
[PR]

by yuraranote | 2011-02-05 08:31 | 玄米