みぃ はぃ ゆ~

yurarano.exblog.jp
ブログトップ

タグ:思い ( 86 ) タグの人気記事


2014年 12月 31日

お見送り

わたしの2014年は、ハードだった、の一言に尽きる。

珍しく公私ともに目標をはっきり立て、そこに向かって目一杯努力した一年だった。結果は公私ともに報われることなく、特に夏以降は仕事の過労からいくつも初モノの病気をした。
120%の努力をしてみて、諦めがついた。自分の身体と運と人生に。

だが、諦めがつこうが今年を見送ろうが、身体も仕事もハードな日々は来年も続く模様。


今年は、三人の身内を見送った。

3月に父方祖母の妹、大叔母。
昨年の暮れに藤代誠治さんの大きなカレンダーを送り、そのお礼のハガキが最期となった。三月の誕生日にバースデーカードを、何故だかどうしても送れなかった。後からわかったのは、ちょうどその直後に体調を崩されたようだった。
大叔母が今送ってくれるなと、私に念を送っていたのだろう。
誕生日から四日後、大叔母は94歳と4日の人生に幕を下ろした。

自室に飾った同じカレンダーを見るたび、めくるたび、大叔母の事を思った。大叔母が過ごせなかったカレンダーの日々を思った。カレンダーの絵の一枚一枚の絵について、もう大叔母の素晴らしい観察眼による感想や解説を聞けないのがとてもつまらなかった。

でも、大叔母は、不自由になった身体からようやく解放され、せいせいとしているに違いない。昨年先に逝った娘婿や二十年以上前に逝った夫と、楽しく語らっていることだろう。

8月に母の弟、叔父。
おじいちゃん、起きてこないね。おじいちゃーん!疲れてるんじゃ?もう少し寝かしておいてあげよう。…それにしても起きてこないね。もう出かける時間だよ。
そして孫娘が起こしに行ったらすでに硬くなっていたそうだ。

叔父はひとり娘である私の従姉妹をそれはそれは可愛がっていて、私たちは子供の頃から従姉妹が羨ましかったものだ。泣き崩れる喪主である従姉妹を、叔父の孫である娘や息子が支え続けていて、叔父とすでに他界した叔母の愛情の連なりを感じた。

仕事はプロのドラマー。大型バイクに乗り、将棋と卓球が上手でサングラスが似合う孫娘自慢の、ダンディな叔父だった。
享年79歳。

葬儀で、何十年ぶりかで従兄弟や他の叔父、叔母にも会った。
ちょうど故人の弟である別の叔父の誕生日で、告別式の後の食事の場で皆でハピバスデーをハモったのはステキだった。

病院で管に繋がれて延命措置を取られるのがイヤだったら、救急車に乗ってはいけない、というのが叔父からの最後の教えだった。


最後のひとりは、従兄弟の奥さんで若い頃から私が慕っていたお姉さん。

クリスマスイブの朝。お母さん、起きてこないね。大学生の下の娘が起こしに行って、こと切れているのを発見。救急車を呼び、すでに出勤していたお父さんに電話したという。

これまで大きな病気をしたこともなく、前日まで何の前兆もなかったのに、いきなりクモ膜下で亡くなってしまった。それだけに周囲の誰もが信じられず、ショックも大きかった。専業主婦の葬儀にしては異例の500人近くの人が通夜に詰めかけた。彼女の人柄ゆえだろう。
亡骸の彼女は微笑んでいた。苦しむことなく逝ったのだろう。

わたしも大好きなお姉さんだった。大事に育てた娘たちが実に立派に成長していて、彼女の遺品だなぁと思ったけれど、夫、実の母と義理の母ふたりを置いての旅立ちは、あまりに急すぎ、そして若すぎた。53歳。あと一日で誕生日を迎えるはずだった。
これからまさに第二の人生を楽しめる時だったのに。

私はせめて従兄弟や母たち、娘たちを見守りたいと思う。


そして今、2014年を見送ろうとしている。
しんどい一年だった。今も身体中のあちこちが痛む。

報われはしなかったけれど、いや、私の欲っした報いは得られなかったけれど、ほんとうによく頑張った一年だった。
特に職場では新しい環境の中で目一杯努力した。自分に何ができて、限界は何かを、知った。

来年はもう少しペースダウンして、体調よく過ごせればと願う。亡くなる時はわたしも寝ているうちに、がいいな。
[PR]

by yuraranote | 2014-12-31 20:27 | 季節のひとコマ
2014年 01月 01日

新春

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。




[PR]

by yuraranote | 2014-01-01 23:25 | その他
2013年 12月 07日

受け取った言葉・・・「いい年になられましたね」

95歳の大叔母からお手製!のカードと達筆な直筆の長い手紙をいただいた。

中の一文に先月迎えた私の誕生日に触れ

「今一番充実して何でも出来るいゝ年になられましたね。
 やってみたいことは何でも後回しにしないでどんどんすすめていらっしゃるといいですね。」


・・・えー、何でも出来るいい年に、かぁ。

むしろあれもこれも諦めつつある年なのに、と苦笑して
でも心に引っかかってて、
仕事の合間に給湯室や洗面所で思い出して
そんなこと思ったことなかったなぁ、とちょっとこころに暖かな灯りが燈ったり058.gif

そして。
やりたいこと、やってみたいことを
後回しにしていないか?

うん、だいたいやってると思う。
いや、ちょっと待てよ。
いちばんしたいことは…できていないかも。

・・・だって、先立つものがどうにもならないんだもん。
・・・だって、これ以上身体の無理が効かないんだもん。

いやー、そんなこと言ってる場合じゃないですねぇ。
この先、今より身体が効くようになることも、稼げるようになることも、
基本的にないわけですから。


あー、あれもできなくなった、今生でこれもしそびれた、と思いかけたら
何でもできるいい年、って言葉を胸の中で花056.gif開かせようと思います。
ありがたいことです。



同じく90代の大家さんから先週受け取った言葉。
先月おすそ分けしたお惣菜が美味しかったらしく

「味覚の、センスがいいのね。
(定年で)仕事辞めたら、作ったものを売ったらいいわよ、委託して。」

委託かぁ、と仕事以外で普段使うことのない言葉を思いがけない場面で耳にして
90代の人が委託業務という形態をご存知であることに驚く。

料理の方は何を差し上げたのかさえ忘れてて「えーと、なんでしたっけ?」
「これまで食べたことのないもので名前はわからないけど、白いもので…」
どうやら、昨年試作を繰り返してレシピを完成させた柿の白和えのことだと気付く。
お正月前に一度作っておこう、と柿が出そろった先月作ってみたのでした。

「年末年始はここにいるの?」と聞かれ

あー、何年か前みたいにおせち料理のおすそ分けを期待されているのだな、と思いつつ、
自分の料理のレベルなんて到底プロの域に達しえないことは自分が一番よくわかっているよ、とも思いつつ、
それでもありたがく心にとめておこう、と思ったことでした。
[PR]

by yuraranote | 2013-12-07 11:49 | その他
2013年 05月 16日

キーストリオと玄米を炊く

昨晩初めて、キース・ジャレット トリオ を生で聴きました。
場所はクラシックの殿堂、オーチャードホール。
客層の年齢は予想通りやや高めでしたが、予想よりずっと男性比率が高かったです。

ずっとCD音源で聞いてきた音をライブで聴くと、たくさんの発見があるものですね。
既存のJAZZの印象を大きく覆される体験でした。

実に実に繊細な音。オーチャードホールでやる理由(わけ)がわかりました。
JAZZ LIVEであんなに耳を澄ませて聴いたこと、ないです。
クラシックでもないかもしれません。
丸い丸いまるで淡く輝く真珠のような珠玉の音が紡がれ、会場を跳ねては観客席に飛び込んできて
観客の耳の中に吸い込まれていくのが見えるようでした。

集中して聴いているんだけど、その一方で脳内はどこかへ心地よく連れ去られていきます。
なぜ今そんなことが思い浮かぶのか、さっぱり自分でもわからないようなことが浮かんでは消え、
浮かんでは消えしながら思考が旅を始めます。

そしてキースが曲の最後の一音を印象的に弾き終えた途端、いきなり連れ戻されて軽い不快感ととも
「え!良いところだったのに、終わらないでよー!」と思う、
そんなことの繰り返し、不思議な貴重な体験でした。

キースはもちろん、ゲイリーのコントラバスの指捌き、
ジャックのシンバルの余韻、響きで聴かせるドラムスも
それはもう・・・、わたしには驚きの未知なる世界でした。

若いころの華やかさや派手なパフォーマンスはないけれど、
むしろ68歳の今だから出せる繊細で無駄のない「静寂」を感じさせる音から、
一音一音をどれだけ大切に弾き伝えているのかが伝わってきます。

そぎ落とされたまったく無駄のない選び抜かれた音、それを受け止める観客側のある種の緊張感、
会場が一体となった空気は、強い大きな音で観客を魅了するのではなく
むしろ細やかでミニマムの、でも上質な音で観客を動員していくことで作られているのでした。

最後の最後、4回目のアンコール曲、これで私の脳が溶けました(笑)

Anser me, My love
(アレンジは少し違いました。特に後半が。もちろんライブで聴いた昨日の演奏の方が好きです。)

このメロディがずーっと帰り道も帰ってからも耳の中で鳴っていました。

体中を耳にして聞いた音を大事に持ち帰りたくて、遠回りをして満員電車を避け、
帰宅してからも無粋な音に壊されたくなくてテレビもオーディオも付けないで
余韻を大切に味わっていました。

そして、今玄米を炊いたら、きっと繊細で美しい優しい炊き上がりになりそうな予感がいっぱいで
そんなキーストリオの音が自分の身体を媒介して映された玄米を見てみたくて
真夜中に炊くことになるのに浸水を始めてしまいました。

c0224730_21503061.jpg


そうやって炊いた玄米です。もちろんVISIONで。
炊き上がり後すぐで、米粒の周りの水分が落ち着いていませんが、
翌日食したら、ふわふわで、もう甘くて甘くて、やたらあとを引く、
まるでいつまでも聞いていたいキーストリオの音のようなご飯でした。

ただし、おにぎりには・・・いま一つ向かないというか、少し陰性すぎる炊き上がりに思えます。


ありがとう、キース・ジャレット トリオ、
三人がお元気なうちに聴くことができたことを感謝します。
そして三人が今後、どんな珠玉な音を紡ぎだしていくのか、楽しみです。
また日本に来てくれますように。


トリオ結成30周年特別記念公演
2013年5月15日のセットリスト
Bunkamura オーチャードホール
1st
1. On Green Dolphin Street
2. Lament
3. Sandu
4. Too Young To Go Steady
5. Meaning Of The Blues
2nd
1. The Masquerade Is Over
2. I Thought About You
3. God Bless The Child
Encore
1. When I Fall In Love
2. Straight, No Chaser
3. Things Ain't What They Used To Be
4. Answer Me, My Love


毎日、全然違う演奏曲目なのですね。
レパートリーの広さにびっくり、まさにJAZZですねぇ。
あれもこれも生で聞いてみたい曲がたくさんです。
[PR]

by yuraranote | 2013-05-16 20:42 | 音の楽しみ
2013年 04月 14日

お茶目

c0224730_22432772.jpg


母78、時々お茶目。

にっこり笑顔に「うちのみかんもどーぞ」の落書き付きみかん、届く。

珍しく実家の母から荷物が届き、その中に庭の夏蜜柑がひとつだけ。
先日、柑橘類の好きな母に愛媛から取り寄せた柑橘6種類を
詰め合せて送ったので、こんなコメントになった模様。


子ども返り~?!と思ったけれど
これが素よね

自分も以前こんなこと、したことあったしなぁ。
[PR]

by yuraranote | 2013-04-14 22:43 | その他
2013年 01月 26日

初めて歌舞伎を観劇して

c0224730_1990100.jpg


縁あって、初めて歌舞伎を見る機会に恵まれました。
新橋演舞場の2階席、花道のほぼ真正面の席にて。

事前のミニレクチャーによれば、歌舞伎は次の2点において
西洋のミュージカルやお芝居の舞台とは異なるそうな。

・「観客第一」 演じる人より、観客を楽しませるためにある

・「役者中心」 ストーリーよりも役者そのものをみる

よってひいきの、あるいは好きな役者さんが舞台に出てきたらそこで拍手をする。声をかける。
ストーリーもおとぎ話ゆえ史実とは関係がなく、役者が引き立つように話を作り、
長い話の一部だけを取り出して演じることも少なくないという。


なるほどーーーーぉ、なんか納得~!
先週これまた初めて見た宝塚の公演と通ずるところがある。
いくつもの出し物があって間に休憩があるところも、
席で休憩中に飲食OKなのも、同じだ。

初めてなのに、ひとりで観劇にいったのでいろんな勝手がよくわからない。

建物や内部の照明、ちょうちん、なんでも物珍しい。
廊下でいろんなものを売っている。お土産やスナックなどなど。
これまたおもしろくて休憩時間のたびに各フロアをぐるぐるする。

ミニレクチャーとともに観劇の上でとても助けられたのが
昭和50年からはじまったというイヤーフォンガイド。
これのおかげで内容を理解しながら楽しむことができました。

「車引」では、「桜丸」の七之助と「梅王丸」の三津五郎の対比に陰陽だなぁ、と。
七之助は想像通りのたおやかさ。
「松王丸」の橋之助は役柄のせいもあって貫禄が感じられる。
偉大なお父上を亡くしたばかりだけれど二人とも頑張ってね、と心に思いながら一所懸命観た。

公演と公演の間に、15分の休憩が入る。
昼間でおなかが持たずに、3階ロビーで焼いていた鯛焼きを購入。
何年ぶりかの鯛焼きでした。
中にはあんこに加えて紅白の小さな丸いお餅が入っていて美味でした。
こういうのも、江戸の観劇のお楽しみのうちだったのかなぁ。

c0224730_1985764.jpg




お昼には30分の休憩。
廊下かロビーの席を確保し、引換券で受け取ったお弁当をを食べて、お手洗いの行列に並ぶ。結構忙しい。
お弁当で面白いと思ったのは、4粒のグリーンピースの位置。

おかずに対して、ご飯が少ないよねー?!
デザートのみかん?と思ったら杏で嬉しい。

c0224730_1985849.jpg



お昼の後は懸念していた通り、ちょっと眠くなる。
うとうとしている人の多いこと(笑)
ゆるくていいわ。

でもこの「戻橋」が私は一番見ごたえがあった。

愛宕山の鬼女の「福助」、綱の「幸四郎」とも繊細且つ大変な迫力で演じつつ
合間に観客を笑わせる余裕もある。さすが!
舞台となっている京都もく地名からおおよその位置関係がわかるので
臨場感がある。

着物や化粧にも役に合わせて趣向が凝らされていて美しい。
舞台装置も、おもしろい。


ついつい、「車引」も「戻橋」も、この話の続きはどうなっているの?!と思ってしまって
あ、ストーリーじゃないんだ、と思い直すのでした。

宝塚の舞台でもそうだったけれど
私は音響(生オケ、お囃子)にどうしても意識がいく。興味がある、ということだろう。
演者と一体感を出すために、どこで誰がどんなタイミングで音を出しているのか、
今音を出しているのはだれか、等が気になる。

宝塚の時も思いましたが、歌舞伎も
誰か特定の人のファンになると、思い切りはまりそうなニオイがしますね。

宝塚も歌舞伎も、男役の堂々とした派手な振る舞いも気持ちが良くて大好きですが、
自分が女らしさ、繊細さに欠けているせいでしょう、
しなやかでたおやかな女形、きゃしゃでかわいらしい娘役の身のこなしに惹かれます。
陰陽ですねぇ。


江戸時代にも、こんな風にして芝居小屋を楽しんでいた人がいたのでしょうか。
そんなことに思いをはせながら丸ごと非日常を楽しませてもらいました。

江戸文化、好きかも!
今度は、誰かと一緒に観劇に出向きたいです。




c0224730_199287.jpg


今日の演目

◆壽 初春大歌舞伎◆

昼の部

一、寿式三番叟
二、菅原伝授手習鑑 車引
三.戻橋
四、傾城反魂香


以上
[PR]

by yuraranote | 2013-01-26 19:07 | 公演・舞台・講演会
2013年 01月 06日

「食卓一期一会」 人生とは----誰と食卓を共にするかということ

元日に仙台に着いたとき、空腹だった私に従妹が出してくれた「仙台雑煮」。
ハゼと二番出汁のすまし汁、セリがハゼと合ってとてもおいしく
新年早々おかわりしていただいた。

c0224730_13513164.jpg


食事時間を外れていたので一緒にお雑煮をいただく人はいなかったけれど、
周りには叔父や従妹の家族がわらわらとにぎやかに「存在」していた。

長田弘さんの言葉。
[PR]

by yuraranote | 2013-01-06 13:51 | 映画・本
2013年 01月 01日

謹賀新年

c0224730_13574119.jpg


向かう場所があるということ、
迎えてくれる人がいること。

ありがたさが胸に来ます。

当たり前のことなんて、何もない。
毎日が、一期一会。
[PR]

by yuraranote | 2013-01-01 13:52 | 思い
2012年 12月 31日

一年間ありがとうございました

一年間、ありがとうございました。
こちらでお相手していただいた方、実生活の中でご一緒してくださった方、
皆様にこころから感謝いたします。

この一年を振り返るにあたり、わたしにとっての一番のニュースは
「整体師の急逝」です。満開の桜が散るころのことです。

西洋医学では見放された小難しい私の身体を唯一整えられる先生でした。
17年間、なんどピンチを救ってもらったことか、
3度の手術と5回の入院を回避させてもらいました。

整体で何とか調整して日常生活を送っていた私の身体は
先生の死後2ヶ月もしないうちに既往歴のない新たな疾患を発症しました。
その後もあれやこれやと不調が続き、毎日がギリギリの日々でした。

年末の血液検査がその状態を如実に数値で表していました。


いま、ありがたいことにその整体師の弟子で、もともと学生時代の友人でもある女性と
二人三脚で自分の身体をなんとかコントロールすることを模索中です。


この身体で生きていくこと、それも笑顔で!!
それが来年の目標です。


c0224730_13434494.jpg


年末はいつもの穴八幡にお札を納めに行ってきました。
頼むよ!一陽来復!
[PR]

by yuraranote | 2012-12-31 08:34 | 思い
2012年 12月 03日

贈る絵本

たいへんご無沙汰でした。
いつの間にかもう季節は冬。
この秋、ハードな3か月でしたが、おかげさまで何とかゆららは生きております。

------------------------------------------------------------

夏に横浜美術館で求めた奈良美智さんのカードで
祖母の妹にあたる房子さんに手紙を出したら
その犬の絵に目を留めて、奈良さんはどんな人だったかしら、とお返事が来ました。

房子さんは手先が器用で創意工夫の人。いろいろなものを手作りされていて
90を超えた今も、いただく手紙はいつもお手製のカードです。

私は、自分の好きな奈良さんの絵を気に入ってもらえたのがうれしくて


よしきた!

と奈良さんの絵本を贈ることにしました。


「ともだちがほしかったこいぬ」


絵もお話もとてもかわいい絵本です。


「お手紙の絵があんまりかわいいので つい作者がどんな人かしらと
うっかりしたこと書いて ご迷惑かけました。
絵本のプレゼント とてもうれしいですね。」

よかった!
房子さんが喜んでくれると私も嬉しい。



房子さんからは、お手製のカードのお手紙とともに
不自由な足をおして丹精されたゴーヤーやみょうが、穂紫蘇が
送られてきました。

送られてきたものに対して、思わず手を合わせてしまいます。
ありがたくて、もったいなくて、申し訳なくて。


房子さんからは、お手製の野菜やつくだ煮やかわいい編みぐるみが届きます。
わたしは自分で作ったちりめん山椒、梅干し、自分で採ったもずくなどを送ります。
一回一回が貴重な交流です。


さぁ、次はクリスマス!
お題目は何でもいいのです。

先日大型書店に行って贈る絵本を選んできました。

絵も文章も楽しい絵本。日本語訳もなかなかすぐれています。
たくさんの絵本の中から一発で選び抜きました。

「めっけもののサイ」


気に入ってもらえるといいな、めっけものの絵本。

2011年のシェルシルヴァスタインの作品です。
よかったら、あなたも書店で手に取ってクスリと笑ってください。
[PR]

by yuraranote | 2012-12-03 23:30 | お気に入り