タグ:玄米 ( 44 ) タグの人気記事


2013年 04月 24日

ビジョン☆ミラクル

c0224730_2382010.jpg



VISION鍋、3回目にして圧も保ち、余り過ぎず、ほぼドンピシャの炊き上がり。

鍋底部分はカラリと香ばしく、内側は甘くてクリーミー!
これはミラクルだぁ!!
これまで食べたことのない味の玄米。未知の世界に感動です。
でんぷん質の味の違い、とでもいうのか。
鍋の違いは大きいなぁ。

この玄米、みんなにも味見してもらいたいくらい。できれば炊き立てを。
おにぎりにした時、どんな味になるのか、
それは明日のお楽しみ。

いやぁ、玄米炊飯は楽し、嬉し、美味し。
ありがたきかな。


興奮していて?写真が下手でごめんなさい。練習しておきます。
[PR]

by yuraranote | 2013-04-24 23:08 | 玄米
2012年 07月 12日

今日の私を支えるご飯

c0224730_76952.jpg


今朝炊いた玄米です。
2.5リットルのe plusにて。


最近また、

玄米、美味しい…(うっとり・しみじみ)

ありがとう、こんな画期的な炊き方を研究し、教えていただいて、と
改めて思う日々です。

やはりすごいです、むそう塾の炊き方は。
[PR]

by yuraranote | 2012-07-12 07:06 | 玄米
2011年 10月 30日

炊き込み玄米ごはん

この秋は、わかっていたことではありましたが
職場環境が大きく変わったことで身体的に強い負担を強いられる日々が
続いています。

それでも、救いは「ご飯が美味しく炊けていること」、これに尽きます。

玄米にウソはつけません。
炊きあがったご飯には、心の状態が如実に表れます。
糠床さんは、この2,3週間で
「しょっぱ酸っぱい」ではなく、すっかり「しょっぱ甘い」になって
しまって、連動して胃腸の調子もイマイチの昨今、
頼れるのは玄米ご飯だけ。

この時期のお楽しみその1はまずは新米なのですが、
私のところはまだ古米です。

秋のお楽しみその2は、炊き込みご飯です。

栗ご飯、松茸ごはん、キノコご飯、むかごご飯、ゴボウ、マイタケ、
おあげ、ひじき・・・


炊き込みご飯の良いところは、とりあえずこれだけで
おかずもご飯も含まれているので、あとは温かいお味噌汁でも
添えればミニマムの食事になること。
疲れ過ぎていて、ご飯の支度ができなくても、
これがあれば気持ち的には安心です。

炊き込みご飯のおにぎりで難しいところは、手塩の量。
味付きだからいらないか、というと必ずしもそうとも言えない。
もろもろの状況次第なんですね。

炊き込みご飯はおいしいけれど、ずっと続くと身体的に飽きてしまうので
友人や職場の同僚、親族、ご近所さんなど
周囲の方々に積極的に振舞います。


炊き込みごはんは色が付いているせいか、
玄米だと気づかずに召し上がって、おいしかった、と
感想をくださる方が多いのもおもしろいです。
大人、特に年配の方は玄米といえば硬い、パサパサしている、という
イメージが強いようで、
尋ねられて玄米100%だ、と答えると驚かれます。

子どもたちは、玄米だろうが玄米じゃなかろうが、
美味しければ食べるし、気に入らなければ食べません。
炊き込みごはんは子どもたちに人気です。
むかごを知っている小学生はさすがに少ないです。

私がいつでも地域の集まりにおにぎりを持っていくのを
子どもたちはちゃんと知っています。
小学生も4年生以上の女子ともなると、
「おにぎりもってるんでしょ?ちょうだい!」とは
さすがに言い出せないようで、私の前にやってきて、
ニコニコしながら「おなかすいた~」なんて言って
ねだってくるのです。とてもかわいらしい笑顔で。

「今、食べたところでしょう?」というと
「うん、でもおなかすいた」
「おにぎり、いる?持って帰る?」と聞くと
「うん、いる。今食べる」

食べざかりなんですね。
差し出すと、コンビニのおにぎりと比べているのでしょう、
「小さくてかわいい」といので
「小さくても、これはとっても元気が長持ちするご飯なんだよー」

玄米という言葉は使わずに、そう伝えると
ご飯を食べたばかりなのに、ほんとうにその場で嬉しそうに、
食べ始めます。

ひと口食べて、「おいしーい」
そしてぺろりと平らげます。そんな様子を見ている私もとても嬉しい。

向こうから、その子のお母さんが飛んできて
「すみません!うちの子が!」
「いえいえ、いいんですよ。こちらこそ、勝手にあげてすみません。
お母様もおひとついかがですか?」


こんなふうにして、玄米おにぎりを媒体にして、子どもを持たない私が
地元の子どもたちやそのお母さんとコミュニケーションが取れるというのは
ほんとうにありがたいことです。
玄米様様です。
それも、この美味しい炊き方でなければこうはなりません。

美味しい玄米の炊き方を教わっていて良かった、と
この夏、秋、何度思ったことでしょう。

スタートは、自分の身体のためでした。
今もこれからも、もちろんそれは変わりませんが
なかがわ式の玄米ごはんや糠漬けは、
それに留まらないプラスアルファの思いがけない喜びや楽しみを
繰り返し連れてきてくれる、貴重なコミュニケーションツールなのです。

「おいしーーい!」の言葉や笑顔は、私の宝物です。
私の心に少しずつ少しずつ降り積もって、小さな自信になります。

おいしくて、身体に活力が宿り
季節の素材も取り入れられる秋の炊き込みご飯。
まだまだ、炊き込みたいものがあります。

でも今日は基本の玄米のみで。
香ばしく美味しく炊けて、一安心。
うん、わたし、大丈夫そうだ、と炊きあがったご飯を見て思っています。

心と身体をささえてくれる玄米に感謝して、
また明日から、玄米ご飯を持って出勤です。
[PR]

by yuraranote | 2011-10-30 23:50 | 玄米
2011年 07月 30日

今日の玄米

c0224730_101769.jpg




玄米 茨城産コシヒカリ 800
水 105% 840
塩 シママース 5粒


圧の保ちはほぼちょうど。
焦げはかなり薄めでした。

今日はこれを塩結びにして、糠漬けとともに
友人主催のパーティーに持参します。
ふだん玄米を召し上がらない方のお口にも合うと良いのですが・・・


今朝は、浄水器がほしいなぁとまたもや思ったことでした。
[PR]

by yuraranote | 2011-07-30 10:17 | 玄米
2011年 07月 27日

誕生日プレゼント

c0224730_8223696.jpg



今日が誕生日の友人のリクエストに応えて
早朝から小豆と古代米入りの玄米を炊く。

今年の誕生日プレゼントは、これをおにぎりにして。
辛党の友人曰く、これはもはや ドルチェ であるそうな。


・・・とはいえ反省点。
圧が45秒前に落ちてしまった。
もっとふうわり、ふっくら、でも友人の好みも柔らかすぎない炊きあがりを
目指したい。
[PR]

by yuraranote | 2011-07-27 08:22
2011年 07月 25日

初めての同割炊き

土曜日、105%で柔らかく美味しく炊けたので
翌日曜日、初めて同割炊きに挑戦してみようと思い立った。


こしひかり(茨城産) 800
水 800
潮(シママース)5粒

結果は・・・
[PR]

by yuraranote | 2011-07-25 18:26 | 玄米
2011年 07月 18日

送られてきた玄米

c0224730_2256077.jpg




玄米(コシヒカリ、長野産) 800
水 900
塩(シママース)5粒

浸水時間 65分

このお米は・・・
[PR]

by yuraranote | 2011-07-18 22:56 | ごはん
2011年 05月 17日

5月17日の玄米

c0224730_236272.jpg



茨城産コシヒカリ 800
水 110%
シママース 5粒

浸水50分


このところササニシキを炊いていたので
コシヒカリだなぁ、と感じる。

おいしかったけれど
まだまだ、もっともっとふうわりとやさしく。
[PR]

by yuraranote | 2011-05-17 23:06 | 玄米
2011年 05月 11日

「オレを見ろよ」

先日、2カ月になる赤ちゃんのお披露目会があり
その赤ちゃんを抱かせてもらう機会に恵まれました。

首の据わらない赤ちゃんを抱かせてもらうのは久しぶりです。
抱かせてもらうと、とっても抱き心地のいい男の子で、
なんというか腕の中でおさまりが良いのです。
相性もあるのでしょうけれど、こんな「氣」の良い子は初めてです。

私は子どもを産んだことがない割には
いろんな赤ちゃんや子どもを抱いてきていますが
子どもの抱き心地は実に様々です。
身体の作りからしても、抱き心地に個人差があります。

この子は抱いていてとても気持ち良くて、
抱いている私の方が、子どもからどんどんエネルギーを充電してもらっているのが
わかりました。玄米っ子だからかなぁ。
こんなに気持ち良いなら、お母さんも元気になれて育児もできるのかも、
とさえ思いました。

赤ちゃんてすごいな~!
ほんとに陽性だ!

なんたって、その子がアピールするのです。
「オレを見ろよ」と。
あるいは、「僕のこと、ちゃんとみててよ」って感じなのかもしれませんが
私が感じたものは、もっと強力でした。
「ちゃんとオレを見ろよ。ちゃんと、見てろよ」

そして私が見ていることが分かると、彼は私を見つめ返すのではなくて
他の友人たちや、母親をずっときょろきょろと見まわしているのです。
あぁ、見られている安心からなんだ、と思いました。

長い時間、むずかることなく抱かせてもらいました。
「さすがだっこが上手だね」、とその子のお母さんに言ってもらって
なんだかとっても嬉しかったです。
子ども産んでないし、なにも「さすが」じゃないんですけどね。

私自身、親以外のいろんな人に抱いてもらって育ったけど
抱かれごこちってすごくまちまちで、それは記憶にあります。
生後2カ月じゃなくてもっと大きくなってからの記憶でしょうけれど。
だから、抱かれている子が気持ちいいかどうかを気にしながら抱いています。
不快な抱かれ方をしているとしばらくは我慢しているのだけれど、
やがてむずかりだすものですよね。


そして、ちょっと携帯などがなって私の視線と氣がそれると、
その男の子はすぐさま察して、文句を言うのです。

「ちゃんとオレを見ろよ」「見てろよ、オレのことだけを」
「はいはい、ごめんね。○○ちゃんだけね。」

あぁ、そうだったよね。
子どもの最大の要求だったよね。自分に集中してほしいの。
特別なところに連れて行ってあげるとか、何か買ってあげるとか、
そういうことじゃなく
「僕(私)のこと、ちゃんと見てて!!!」

子どもって、親や身近な大人が見守ってくれている中で、
遊具で遊んだり、自転車に乗ったり、いたずらしたり、絵を描いたりしたいんだよね。
遊びに集中していても時々振り返って、親が見ているか確認したりする。
そしてちゃんと見てるよ、って頷いてみせると、また安心して遊び出す。

そうでした、そうでした。

子どもの頃、私も母に言いたくて言えなかったこと
「ちゃんと私のことも見ててよ」
「私のことも気にかけてよ!」

それなのに実際は母から、
「弟妹のことをちゃんと見てて!一緒に遊んであげて、面倒見て!」と
言われ続けていたのでした。


そして、あぁ、赤ちゃんて玄米と同じだ、と感じました。
赤ちゃんを抱くのと、玄米を炊くのはとても似ている、と。
友達の赤ちゃんを抱かせてもらって帰ってから炊いた玄米は、
とても良い感じにふんわり炊きあがり、おいしかったのでした。
[PR]

by yuraranote | 2011-05-11 01:31 | 思い
2011年 02月 13日

牡蠣飯し

c0224730_23453878.jpg



ものすごく高級品の牡蠣が手に入りました。

8分づきで炊くか、玄米で炊くか、
醤油味か、塩味か、
お鍋はどれを使うか、
干しシイタケか、油揚げか、牡蠣だけか

なかなか結論が出せませんでしたが
tプラスで玄米、油揚げ、醤油味にしました。

牡蠣は出汁だけ、揚げは一緒に炊き込み、
牡蠣そのものは炊きあがってから混ぜています。

白米で1合とか2合とか
少量でも炊いてみたいな。
[PR]

by yuraranote | 2011-02-13 23:45 | 玄米