タグ:身体 ( 22 ) タグの人気記事


2014年 12月 31日

お見送り

わたしの2014年は、ハードだった、の一言に尽きる。

珍しく公私ともに目標をはっきり立て、そこに向かって目一杯努力した一年だった。結果は公私ともに報われることなく、特に夏以降は仕事の過労からいくつも初モノの病気をした。
120%の努力をしてみて、諦めがついた。自分の身体と運と人生に。

だが、諦めがつこうが今年を見送ろうが、身体も仕事もハードな日々は来年も続く模様。


今年は、三人の身内を見送った。

3月に父方祖母の妹、大叔母。
昨年の暮れに藤代誠治さんの大きなカレンダーを送り、そのお礼のハガキが最期となった。三月の誕生日にバースデーカードを、何故だかどうしても送れなかった。後からわかったのは、ちょうどその直後に体調を崩されたようだった。
大叔母が今送ってくれるなと、私に念を送っていたのだろう。
誕生日から四日後、大叔母は94歳と4日の人生に幕を下ろした。

自室に飾った同じカレンダーを見るたび、めくるたび、大叔母の事を思った。大叔母が過ごせなかったカレンダーの日々を思った。カレンダーの絵の一枚一枚の絵について、もう大叔母の素晴らしい観察眼による感想や解説を聞けないのがとてもつまらなかった。

でも、大叔母は、不自由になった身体からようやく解放され、せいせいとしているに違いない。昨年先に逝った娘婿や二十年以上前に逝った夫と、楽しく語らっていることだろう。

8月に母の弟、叔父。
おじいちゃん、起きてこないね。おじいちゃーん!疲れてるんじゃ?もう少し寝かしておいてあげよう。…それにしても起きてこないね。もう出かける時間だよ。
そして孫娘が起こしに行ったらすでに硬くなっていたそうだ。

叔父はひとり娘である私の従姉妹をそれはそれは可愛がっていて、私たちは子供の頃から従姉妹が羨ましかったものだ。泣き崩れる喪主である従姉妹を、叔父の孫である娘や息子が支え続けていて、叔父とすでに他界した叔母の愛情の連なりを感じた。

仕事はプロのドラマー。大型バイクに乗り、将棋と卓球が上手でサングラスが似合う孫娘自慢の、ダンディな叔父だった。
享年79歳。

葬儀で、何十年ぶりかで従兄弟や他の叔父、叔母にも会った。
ちょうど故人の弟である別の叔父の誕生日で、告別式の後の食事の場で皆でハピバスデーをハモったのはステキだった。

病院で管に繋がれて延命措置を取られるのがイヤだったら、救急車に乗ってはいけない、というのが叔父からの最後の教えだった。


最後のひとりは、従兄弟の奥さんで若い頃から私が慕っていたお姉さん。

クリスマスイブの朝。お母さん、起きてこないね。大学生の下の娘が起こしに行って、こと切れているのを発見。救急車を呼び、すでに出勤していたお父さんに電話したという。

これまで大きな病気をしたこともなく、前日まで何の前兆もなかったのに、いきなりクモ膜下で亡くなってしまった。それだけに周囲の誰もが信じられず、ショックも大きかった。専業主婦の葬儀にしては異例の500人近くの人が通夜に詰めかけた。彼女の人柄ゆえだろう。
亡骸の彼女は微笑んでいた。苦しむことなく逝ったのだろう。

わたしも大好きなお姉さんだった。大事に育てた娘たちが実に立派に成長していて、彼女の遺品だなぁと思ったけれど、夫、実の母と義理の母ふたりを置いての旅立ちは、あまりに急すぎ、そして若すぎた。53歳。あと一日で誕生日を迎えるはずだった。
これからまさに第二の人生を楽しめる時だったのに。

私はせめて従兄弟や母たち、娘たちを見守りたいと思う。


そして今、2014年を見送ろうとしている。
しんどい一年だった。今も身体中のあちこちが痛む。

報われはしなかったけれど、いや、私の欲っした報いは得られなかったけれど、ほんとうによく頑張った一年だった。
特に職場では新しい環境の中で目一杯努力した。自分に何ができて、限界は何かを、知った。

来年はもう少しペースダウンして、体調よく過ごせればと願う。亡くなる時はわたしも寝ているうちに、がいいな。
[PR]

by yuraranote | 2014-12-31 20:27 | 季節のひとコマ
2012年 12月 31日

一年間ありがとうございました

一年間、ありがとうございました。
こちらでお相手していただいた方、実生活の中でご一緒してくださった方、
皆様にこころから感謝いたします。

この一年を振り返るにあたり、わたしにとっての一番のニュースは
「整体師の急逝」です。満開の桜が散るころのことです。

西洋医学では見放された小難しい私の身体を唯一整えられる先生でした。
17年間、なんどピンチを救ってもらったことか、
3度の手術と5回の入院を回避させてもらいました。

整体で何とか調整して日常生活を送っていた私の身体は
先生の死後2ヶ月もしないうちに既往歴のない新たな疾患を発症しました。
その後もあれやこれやと不調が続き、毎日がギリギリの日々でした。

年末の血液検査がその状態を如実に数値で表していました。


いま、ありがたいことにその整体師の弟子で、もともと学生時代の友人でもある女性と
二人三脚で自分の身体をなんとかコントロールすることを模索中です。


この身体で生きていくこと、それも笑顔で!!
それが来年の目標です。


c0224730_13434494.jpg


年末はいつもの穴八幡にお札を納めに行ってきました。
頼むよ!一陽来復!
[PR]

by yuraranote | 2012-12-31 08:34 | 思い
2012年 05月 04日

9分づき米と陰陽

昨年12月に「今年の新米」としていただいた、
長野のスキー仲間が丹精込めたさいごの9分づき米を炊きました。

c0224730_2131824.jpg



南の島にいる間、そして帰ってきてからも
わたしはパンを欲しなくなっています。
これはけっこうな驚きです。
職場から帰ると、まずパンでクールダウンしたくなるのが常でした。

今はGW中で会社が休みなためもあると思いますが、
もともと子どものころからパン好きで、
近所に美味しいパン屋さんがあることも選択理由の一つとして
この町に住み始めたくらいですから、
休み中、いつ買いに行って口にしても不思議はないのです。

そんな愛するパンなのですが
数年前からパンを主食にしないようにしているのは、
私の場合身体にいろいろと支障が出てしまい
医者から玄米食を強くすすめられているからです。
パンは「たまのお楽しみ」にできたら、それがいちばんなのです。


シマにいる間、玄米は炊いて持参したものを
ときどき民宿のレンジを借りておいしくいただいていました。
でも基本的には、小麦粉の麺や宿のご飯(黒米入り白米)を
いただいていました。
南国では食べ物が全体に陰性よりなせいもあると思いますが
その間、パンが欲しいと思ったことはありませんでした。

帰宅後も、玄米も炊きつつ、
たまたま季節がら筍ごはんやグリンピースご飯など
玄米より陰性な分づき米や発芽玄米、胚芽米などを用いて炊いており
手軽な煮麺なども食べていました。

そうすると、パンを欲しないのですねぇ。

これが陰陽か、なるほどなぁ、と改めて興味深く感じました。
普段、玄米ばかり食べているとただでも陽性のわたしは緩めたくて
パンがほしくなるのですね。

ただ、やはり玄米じゃないと私の場合すぐおなかがすいて
だるくなってしまい、血糖調整障害の症状が出てしまいます。
この状態では自宅で過ごす休日はともかく、仕事に支障をきたします。
このへんの兼ね合いが難しいところです。

これから徐々に気温も上がってきます。
夏の暑さはさほど苦にならない体質ですが
玄米はやはり重く感じるようになってきます。

一日に、玄米2回:胚芽米1回くらいの割合にして
ときどき麺類を入れたらバランスが取れるかなぁ。

これから、そのへんのバランスを模索していきます。
[PR]

by yuraranote | 2012-05-04 10:40 | 身体
2011年 01月 20日

ようやく・・・

先日フルコースをいただいてから1カ月、ようやく身体が戻ってきました。

More
[PR]

by yuraranote | 2011-01-20 06:43 | 身体
2011年 01月 07日

自分の手。

不格好で不器用で
昔はこの手が好きではありませんでした。

父の器用さも引き継げず、母のように楽器を奏でることもできず
父の期待にも母の期待にも添えなかった、残念な、わたしの手。


桂むきもほんのわずかな時間、練習しているだけで腱鞘炎
パソコンのマウスでも腱鞘炎
小指は骨折して曲がったままになってしまった
すらりとした美しい指とも
ふっくらしたかわいらしさとも縁のない手。


でも、今は自分の手を愛おしく感じます。
別に何があったわけでもないですが
この手しか、自分にはないですから。
どんなにお金を積んでも、他の手は手に入りません(ダジャレ?)

この手には、これまでのたくさんの記憶が宿っています。
たとえば大好きだった愛犬の鼻、耳、背中、しっぽ、おなか、脚。
ぜんぶ手触りが違って、それを手がちゃんと覚えています。
夏毛と冬毛の違いも手が知っています。

もしたくさんの犬が並んでいてその中に自分の愛犬がいたら
目をつぶっていても
掌だけで自分の犬を選び出せると、今でも思います。


器用で、いろんなことができる手だったらいいけれど
そうじゃなくてもわたしはこの手が大好きで、大事です。
この手でペンを持ち、庖丁を持ち、顔を洗い、身体を手当てし、
キーボードを叩き、化粧し、服を着、
大事な人を抱きしめ、握手し、
海で泳ぎ、土を触り、砂を握り、葉っぱをちぎり、あやとりをし、
料理し、食べ物を口に運んできました。
掌はたくさんのことを知っています。


自然に自分の手を愛せるようになったように
この、気難しい身体も愛せるようになったらいいなと
思っています。
なぜって、私にはこの身体しかないから。
どこに行っても、入手できないから。


同じように、
ややこしい自分の生育家族も愛せるようになったらいいなと
思うに至りました。
なぜって、私の生育家族としては、その人たちしかいないから。
[PR]

by yuraranote | 2011-01-07 18:23 | 思い
2010年 12月 20日

観察メモ

昨夜のウェディングケーキ、フランス料理フルコース、
少量のコーヒー、アルコールの身体への影響は、というと

・細かい文字が見えない
・唇が渇く(リップクリームが効かないほど)
・両ひざ裏のアトピー花盛り
・体幹部がかゆい(これもアトピーだが)

今のところ顕著なのはこれくらい。
昨日の午前中に受けた整体と、
昼にしっかり食べた玄米のおかげか。

ただ、代謝に時間のかかる身体なので、
明日、明後日に影響が出る可能性が大。
明日は気圧と両方の影響で昼から午後にかけて
仕事にならない時間帯が出るかも。
判断と集中を要する仕事は朝一勝負で。


身体からのリクエストは
大根の炊いたん。生ひじきのふくふく煮。りんご。梅干し。白菜の漬物。
陽性気味に炊いた玄米。大根と蕪の糠漬け。麦みその味噌汁。

毒消しやら、陰陽のバランス取りやら、かな。
何を摂取してもびくともしない自浄可能な身体になりたいものだ。
[PR]

by yuraranote | 2010-12-20 23:48 | 身体
2010年 11月 21日

陰陽でみる食べ物と身体の反応について

ふだん、私はお弁当と夕方食べるつなぎの玄米おにぎりを持って職場に向かいます。

私の職場には、ありがたいことに社員食堂があり、
各種定食のほか汁物や和え物、サラダなども個別精算が可能で、それぞれ単品でいただけます。
お昼は基本的には玄米のお弁当を持参し、
それに加えて温かい汁物と小鉢メニューを二つくらい取るのが常でした。

ところが最近、せっかく玄米のお弁当を持っていってもお昼にそれを食べる気にならず、
社員食堂のメニューを選ぶことが続きました。
選ぶメニューは、決まって温かい麺類。

玄米が重く感じ、麺類を欲しているとしたら
身体が陽性に傾いているということ。

でも、美風さんの記事を読んでいてそれ「だけ」でもなさそうなことに気がつきました。

そうか~!と細かい疑問点がつながって解けた気持ちです!

これぞ陰陽の学び!?
[PR]

by yuraranote | 2010-11-21 06:43 | 身体
2010年 11月 10日

身体が教えてくれた怖い話 1

今年は9月上旬に、スチームを使う「水パーマ」なるものをかけた私。
髪に優しいとの評判でした。
薬剤も鼻にツーンとくるパーマ液ではなく、独特の匂い。
美容院のお兄さんは「大豆を煮たような匂い」と言っていたけど、
まぁそんな系の、印象的な匂いです。
この匂いは結構強く、パーマをかけた後も1ヶ月くらいは残っていました。
2ヶ月たつ今でも洗髪の後などに軽く感じることがあります。

先日、思わぬところからこの匂いを嗅ぐことになりました。

なんとそれはどこからかというと・・・
[PR]

by yuraranote | 2010-11-10 06:55 | 身体
2010年 10月 07日

緩むこと

今の私に最も必要なこと、
それは「緩むこと」

そんな状態が何年も続いている


緩むために、ずっと長いこと大好きな入浴を使ってきた
一年365日、ゆったりたっぷりのお湯につかっていると、あちこちほどけてホッとできた
もちろんとっても長湯だった

でも暑かったこの夏、節約と節水と、それからミネラルの放出を避けるため
極力シャワーにしてみた
それは涼しくなった今も続いている

まず、時間が節約できる
ミネラルがキープできている実感もある
水道代とガス代も去年と比べて少し安く済んでいる

でも問題は、どうやって緩むか、である
仕事のストレスと仕事のしすぎで、頭も身体もガチガチの状態
これまた嫌いじゃないアルコールを摂取していまえば簡単なのだけれど
より良質の陰性をとりいれたくて、模索中。

いちばん好きな方法は、南の海で1時間くらいシュノーケリングするという方法。
リーフ内の緩い波に漂って海中を眺めていると、どんどん力が抜けて、緩んでくる。
ただ残念ながらこれは毎日の仕事の後にとれる方法ではない。


料理をするのも、パソコンの使いすぎでパンパンになっている頭には
ちょうどよいクールダウンなのか、良い気分転換になる

今日は身体からの強い要求で、野菜スープを作ってみた
セロリをメインに、桂むきで使った大根、人参、にんにく、えのきだけ、豆もやし、
ジャガイモ、タカキビ…
コトコト煮込んで、実家の庭のローリエと最後に塩を入れて
気持ち薄めの塩味のスープの出来上がり。

よほど身体が求めていたと見えて
どんぶり二杯を完食。

身体があったまって少しほぐれて、ストレスと緊張がゆるみ
温泉に入ったような気分になった

成功♪

適度に質の良い陰性を取り込めたようです。
こんな時間になっちゃいましたけどね・・・。

嬉しいことに、気づけば呼吸器も楽になっていました。
身体は、実に正直です。
[PR]

by yuraranote | 2010-10-07 00:23 | 身体
2010年 09月 10日

願いを込め、祈りを乗せて

c0224730_7485232.jpg




この激しい倦怠感から抜け出すことができるように、
気圧の変化にも負けない身体になるよう、
願いを込め、祈りを乗せて、炊く。
[PR]

by yuraranote | 2010-09-10 07:48